ダイエットのためのウォーキングのコツ

ダイエットには気軽にできるウォーキングがおすすめてすが、どんなウォーキング方法が、よりダイエットがうまくできる方法になるでしょう。

腕をしっかり振って、背筋はピンと伸ばすことが、脂肪が燃えやすいダイエットをする時のポイントです。二の腕がたるみ始めていることを気にかけている女性の場合、腕の動かし加減がウォーキングでは大事です。二の腕が引き締まるように、肘を90度に曲げ、前後に振りながら歩くことがポイントになります。

足を伸ばしながら歩くことも、ウォーキングでは大事なところです。下半身の血流を促進し、足の筋肉を刺激することができます。歩幅を確保することも難しくなくなります。ダイエットを意識したウォーキングでは、かかとから地面に着いて歩きます。地に足をつけるときは足の裏で地面を掴む要領で、一歩前に足を出す時は十分に力を入れて蹴り出します。

右足、左足と順番に地面に足をきちんとつけるようにして歩きます。広めの歩幅で歩くことで、股関節の周辺にあるリンパ節に刺激を与え、血流や、リンパの流れを促進することが可能になります。それまで滞っていたリンパの流れがよくなることで、脂肪が燃えやすくなり効率アップが期待できます。

ダイエット中のウォーキンのイメージとしては、背筋を伸ばして体を広げ、手足の振り幅を大きくして、酸素が体じゅうを循環するというものです。汗をかくことと、水分にならないよう水分の補給に注意することで、ダイエット効果の高いウォーキングができます。