太陽光の量とサンタンの関係について

紫外線に含むa波は、ガラスを通る性質をもつために、室内に居るときも日に焼けちゃうケースがあるんです。紫外線には、a波・b波があるんです。B波は雨の日など天気で遮断されるのですが、それでも地上に降っている紫外線のひとつではあるのです。

一年のうちに、紫外線の分量が1番上昇しているのは5~9月にかけてといわれています。5月の太陽光線はまだまだ夏の強さがないため、まだまだ紫外線の対処は考えなくていいと思うひとも一杯いるようです。どんどん服が多くなって、袖の丈や、ズボンの丈が短くなってきますので、これこそ紫外線対策が重要となります。

汗をかいてしまうことも、真夏の紫外線対策で気に掛けたいとこなんです。UVカットは汗で消えてしまうことがあり、頻繁に塗り直して、日焼け止めクリームの効果を維持していきましょう。

紫外線を遮断する効果がどのくらいあるのかは、日焼け止めのクリームによって異なっていますので、SPF値等を見て、自分にピッタリな商品を探します。SPF値の高めの日焼け止めクリームを1度に沢山つけておくより、値が小さい日焼け止めクリームを数回したほうが日焼け止めのクリームの効果がいいといわれているのです。

日焼け止めのクリームを使うときは、肩や、鼻の頭、おでこのような、紫外線をうけている所は、数回つけ直してください。

午前10時から、14:00までの間は、紫外線がすごい多量というのを踏まえて出掛けるようにしましょう。紫外線の多くなる季節のみじゃなく、1年を通じて、紫外線予防をしておく事が皮膚の為です。